髪の毛を切った話

髪を切りに行って来た。

普段、通っている美容室がなぜか今日は休みだったので、
家の近所にできた個人経営の1000円カットを試しに利用することにした。

 

1000円カットなんて、経費削減のため美容師の代わりに
毛ガニかヤドカリが髪を切っているのだろうと思っていたが、
実際はそんなことはなく、岩永洋昭似のイケメン店長が担当してくれることになった。
岩永洋昭とは誰だ?という方は、

エグザイルにいそうな感じの人を想像していただければ良い。
爽やかなうえに笑顔がとても素敵で、俺が女性だったら惚れてしまう勢いだ。

 

さっそく席につき、カットしてもらっていると

「1000円だと全然やってけない」
「1000円だと店の家賃で手一杯だ」
「1000円じゃお店を休みにする日がない」
「1000円じゃ他に店員も雇えないから大変だ」

とイケメン店長は1000円のことを相当恨んでいるようであった。

経営に関するグチも散々いわれたのだが
生憎、俺は経営の知識は持ち合わせておらず苦笑いするしかなかった。
その後も、あまりに経営に関することを聞かれるので、
もしかして、この人は俺のことを森永卓郎だと思っているのでは?と不安になった。
 

しかしながら、グチを言いつつも手際がよく、
10分ほどでカットが終わった。
クオリティは普段行っていた美容室よりも高く、
カットだけなのになぜか髪の毛の質がサラサラだ。

あまりにもすごいので「何者ですか」と聞いたら、
お店を始める前は、有名美容室で芸能人を担当するくらいのカリスマっぷりだったそうである。

 
そのおかげか、
カット前は森永卓郎だった俺の容姿は、今では城田優だ。
このまま店を出て、
外を闊歩しようなら道行く人に「優くんだ!」「サインしてください!」と
騒がれるのではないかと懸念したが、
誰一人に声をかけられることなく家についた。

広告を非表示にする