ただのディズニーの真の目的の話

電車乗ったら、後ろに2人の女の子がいて
「ディズニーのハロウィンいきたいね」という話をしていた。

俺はそれを聞いて、思わずため息が出てしまった。
何を隠そう俺はディズニーランドの真の目的を見抜いるからだ。
ここにもまだディズニーの真の目的を知らずに、
心を躍らされている若者がいるかと思うと残念でならない。

そもそも、みなさんはネズミの繁殖力を知っているだろうか?
ネズミは1ヶ月周期で子供を10匹ほど生むことが
出来るとても繁殖能力の高い動物なのだ。
ミッキーとミニーはまだ結婚してないからいいものの、
結婚して「そろそろ、ボクらも子供でも作ろうか・・・」などとなろうものなら、
これがすべての恐怖の始まりとなるだろう。


”ミッキーに子供ができる”

このことでまず想定されることは、ミッキーに似たミニミッキーが
ランド内に出現し始めるということだ。
最初のうちは、女性達から「ミニミッキー!可愛い!」とちやほやされ、
人気が爆発することだろう。
この人気に触発され、ミニミッキー関連のアトラクションが
新設されたり、様々なグッズも製作され、
「ミッキーは子供ばかりか、我々のために金まで生んでくれた!」と
ディズニー関係者も笑いがとまらないはずだ。

しかし、冷静になって考えてもらいたい。
1ヶ月に10匹以上増えていくわけだから、いずれ
ランド中がミニミッキーだらけになっていくということを。
どこを見ても、どこに行ってもミニミッキーだらけ。

「・・・いや、もういいから」

レア感も目新しさもなくなってしまったミニミッキーは、
次第にみんなに飽きられ、目も向けなくなってしまうのだ。
しかしながら、人気はなくなっても
リミッターが外れ、性欲ネズミと化したミッキーが夜な夜な頑張るため
ミニミッキー達はどんどん増えていく。

100匹・・・・1000匹・・・10000匹・・

ランド内にはミッキーが育てきれない野良と化した
凶暴な野良ミニミッキーも増え、来園者に怪我をさせるほどにまでなってしまう。
そして関係者も頭を悩ますことになり、
ついには、ミニミッキーの駆除が始まるのである。

駆除が始まり、次々に駆逐され、
ランド内に住む場所がなくなってきたミニミッキー達。
住む場所がなくなった彼らは、どうするだろうか?
・・そう、彼らは日本の町に溢れ出すのだ。

俺が思うにランドからの移動のアクセスのよさ、
環境や食料の多さを考えると東京がまず最初に狙われるはずだ。
そして東京から、横浜、神奈川と次々に勢力を伸ばしていき、
最終的に日本を乗っ取ろうと・・・そうなってしまうことだろう。
想像しただけで恐ろしい。

しかしこれはすべてシナリオ通りなのだ。
ディズニーとは表の名で、これは「世界ネズミ繁殖委員会」が
長い年月をかけて行っている日本侵略作戦だったのである。
すべて最初から計画されていたことだったのだ。

しかも、この計画はミッキー達も・・・・実は知らないのである。
こうなることをわかっていないのだ!利用されているだけなのだ!
彼は自らの手で日本を・・・大好きな日本を・・・・くっ。

実はここだけの話なのだが、先日、
「そろそろミッキーのやつも結婚考えてるらしいよ?」と
うちの屋根裏のネズミ達が噂をしているのを小耳に挟んでしまった。

日本が、日本が危ない。

信じるか信じないかは、あなた次第です。

 

広告を非表示にする