ただのオークションで考えさせられた話

数日前にオークションサイトを見ていたら、普段、
自分の使っているブランドのシャンプーや歯磨き粉などが格安で出品されているのを見つけた。

落札まで時間がかかったり、出品者とのやり取りもあったりと、
多少の手間はかかるものの、お店やネットショップで買うよりも安く手に入りそうだったので、試しに落としてみることにした。

落札希望者が他にも数人いたために、苦戦を強いられる予想もされたが、
そこは今まで世界中のオークションサイトを転々とし、
海外のオークション利用者からは”otosino taka”と恐れられる俺である。

今回もちょちょいのちょいと、難なく商品を落札することに成功した。
そのあまりの容易さに、画面に表示された

”おめでとうございます!あたなが落札致しました”というメッセージをみて、

「俺が落とせないのは女性くらいだ」

と、自然と口からそんな言葉が出てしまったほどだ。

 


そして、その商品が本日届いた。

 

f:id:taka19870704:20180212205407j:plain

 

これを見て、皆様はどう思うだろうか、見方によっては様々な意見があると思う。


俺は開けた瞬間にすべてを理解した。

「ああ、こいつはやるな」と。


まず、落札したシャンプー、コンディショナー、歯磨き粉の3つの商品に対して、
明らかに大きすぎるダンボールを利用しているという点。

その大きさたるや、5歳児くらいならば丸まって入れそうなくらいである。
これは「あまりに小さいダンボールを使ってしまうと、中で品物にストレスがかかるかもしれない!」と出品者の方は、俺はおろか、品物にまで気を使ってくれたに違いない。

確かに、豚や牛などの家畜は、狭いスペースで飼うよりも広々とした大自然の中で
生き生きと飼った方がストレスがかからずに美味しいお肉になる、というようなことを聞いたことがある。
きっと、そのストレスフリーの飼育方法を今回このシャンプー達にも活用したのだろう。
家畜の飼育方法を配送方法に活用する・・・これは目から鱗だ。

思わず、こんなにも生き生きと配送されてきたシャンプーや歯磨き粉ならば、
「普段よりも髪の毛がサラサラになるのではないか」「普段よりも歯が白くなるのではないか」
今から期待せずにはいられないほどだ。


そして、さらに注目して頂きたいのは、
梱包材の数がこのダンボールの大きさに対して、バカなほど少ないということである。

一見すると、「いい加減な梱包しやがって!」と怒る方も数多くいると思うが、落ち着いて考えて頂きたい。

最近はエコだの、節約だのと叫ばれるこのご時世だ。
これはもしや、とても難解な計算方法によって編み出された、”梱包に必要な最低限の数なのではないか”と俺は即座に気付いた。

梱包材というものは確かに数が多ければ多いほど、商品が破損する可能性が少なくなり安心だ、だが、果たしてそれでいいのか・・・・私たちはエコ、すなわち節約をするべきではないのか?と出品者の方は考えたのだろう。
その環境問題をも気にする地球規模の優しさに脱帽である。

もしかしたらこの梱包材が配置されている場所も、最小の梱包材の力を最大限に発揮できる場所なのかもしれない。
案の定、品物自体に破損はおろか、傷もついていなかったのでこの説は有力だろう。
まったく、日本にはとんでもない天才出品者がいたものである。

 

今回、まさかオークションを通じてこんなにも考えさせられることが
起きるとは思ってもみなかった。


俺はさっそく、この胸の内の思いを誰かに伝えたい!共有したい!と思い、
オークションサイトにこの出品者に関して、写真を付属し、”通報、クレーム”という形で問題定義をしておいた。

 

広告を非表示にする